レゴの原則によるトリガー

多数の新しいトリガーオプションを活用する

レゴの原則によるトリガー
知らない人はいないでしょう。カラフルなプラスチック製ブロックで、組立方式は特許を取得しています。思うままにブロックを組み合わせて、自由な発想で組み立てられます。レゴの原則は、シンプルながら独創性が高く、成功を導くカギであることが判明しました。マシンビジョンの世界でも、この原則を大いに利用しています。
 
GenICam をマシンビジョン分野での汎用プログラミングインターフェースとすると、マシンビジョンカメラの各属性を完全に抽象化して分離する実装規則を定義できます。ビジョンカメラファームウェアの多数の機能によって多彩なビルディングブロックシステムが実現し、無数のマシンビジョン用途が可能になります。
 
IDS GigE Vision Firmware 1.5 のリリースにより、IDS は IDS ビジョンカメラを大幅に強化し、GenICam Standard
Feature Naming Convention から多数の標準機能を追加しました。IDS Vision Cockpit では、理想的なデモツールも提供しています。ここで説明したトリガーの使用例を再構成し、徹底的にテストできます。
 
 
 

戻る