100 を超える新しい USB3 VISION カメラモデルを発表!

IDS GigE Vision カメラシリーズのすべての Sony 製センサーが、まもなく USB3 Vision モデルでも利用できるようになります

100 を超える新しい USB3 VISION カメラモデルを発表!

IDS USB3 Vision カメラシリーズを拡張し、今後数週間のうちに 100 を超えるモデルを発表します。これにより、GigE Vision に搭載済みの Sony 製センサーの全種が USB3 Vision カメラシリーズに搭載されます。新しいカメラは、ハードウェアに依存しない最新 SDK である IDS peak で使用できます。

USB3 Vision カメラは CP と SE ファミリーの両モデルが用意されます。SE については、ハウジングモデルとボードレベルモデルがあり、各種レンズホルダーオプションを選べます。

最初に発表されるモデルは、Sony STARVIS シリーズ IMX226 を搭載した U3-3890CP です。12 MP ローリングシャッターセンサーは高感度と低ノイズを兼ね備え、暗い条件でも最適な画像を撮影します。センサー IMX290 (2.1 MP) と IMX178 (6.4 MP) は U3V カメラモデルにも搭載され、それぞれカラーとモノクロがあります。

U3V カメラはこのインターフェースをサポートするあらゆるソフトウェアで使用できます。IDS のモットー「とても簡単です!」を実現すべく、私達はIDS peak を導入しました。Vision 準拠カメラの SDK として、IDS のソフトウェアの新しい時代の幕開けとなります。詳細は、記事「IDS peak で Vision カメラの取り扱いをシンプルに」をお読みください。

Web ストア上での新しい U3V カメラ >>

戻る