uEye ACP 構成ツールを使用して個別のカメラを作成

uEye ACP 発売: モジュール型原則に基づく個別のカメラ

uEye ACP 構成ツールを使用して個別のカメラを作成
標準ソリューションでは用途に適さない場合、カスタム製品が必要になります。しかし特に小規模なプロジェクトでは、開発費やコストは成果に見合わないほど高くなりがちです。uEye ACP カメラは、さまざまなインターフェース、拡張機能、画像センサーを備えているため、ユーザーの要件に合わせて容易に調整でき、数量が少なくても経済的です。
 
新しい uEye ACP のコンセプトにより、柔軟なモジュール型原則を活かして、最小 1 台からコスト効果の高い個別のモデルを生産できます。ほぼすべてのコンポーネントを IDS が自社で製造しているので、通常カメラは短期間で利用できるようになります。
 
オンライン構成ールを使うと、ほんの数回クリックするだけでボードレベルカメラモデルを構成できます。その後、構成内容をそのまま要求できます。
 

戻る