多岐にわたる課題に対する uEye の新製品

とても簡単です!: 「アクティブフォーカス」から 10 GigE へ

USB 3.1 Gen 1 uEye LE cameras with active focus and liquid lensens
マシンビジョンに関連する要素は、具体的な用途に応じて、多数あります。たとえば、データ転送の高速化が要求される場合や、「目に見えない」詳細の特定が重視される場合があります。IDS が提供するソリューションは、これらの課題に汎用的に対応します。
 
それに対して、Sony 製 IMX250 MZR-C 偏光センサーは、卓越した画像情報を提供します。主な強みは、低コントラストまたは反射光が弱い条件での物体検出です。表面上の傷や、他の画像センサーでは検出できない透明な物体内の応力の分布の視覚化にも役立ちます。展示会では、GigE Vision インターフェースによる uEye CP 概念調査を発表します。
 
使用環境でカメラレンズに手が届きにくい場合、フォーカスの調節または再調節が問題となります。ここで、IDS のUSB 3.1 Gen 1 インターフェースおよび液体レンズ制御搭載 uEye LE "アクティブフォーカス" ボードレベルカメラが威力を発揮します。これらのモデルでは、ソフトウェアベースのユーザーインターフェースまたは API によって、フォーカスをすばやく簡単に再調節できます。VISION では、メーカーと解像度クラスが異なるセンサーを搭載したものを展示します。コントラストベースのオートフォーカスのファームウェアアップデートも、2019 年第 1 四半期に予定されています。
 
更に私たちはVISIONにて、uEye FX, 10GigE カメラファミリーの概念実証を披露します。このカメラファミリーは、高解像度、高フレームレート、優れたビット深度において、現行センサーが持つ最大の能力を引き出すことができるようになります。最長 50 m までのケーブルを使用できます。また、この製品は既存または必要なインフラストラクチャに応じて、転送速度を帯域幅 5 GigE、2.5 GigE、または 1 GigEに柔軟に自動調整します。更に、Power-over-Ethernet (PoE) の導入も予定しており、これにより電源用のケーブルは必要がなくなります。皆様のご感想を楽しみにしています!
 

戻る