Sony 12.3 MP 搭載のまったく新しい uEye SE

驚くべきカメラの誕生です。

Sony 12.3 MP 搭載のまったく新しい uEye SE
待ちに待った製品がついに発売されました。Sony 製の大型 1.1 インチ CMOS センサー IMX253 搭載の UI-3000SE は、あらゆる望みをかなえます。顕微鏡向けの高感度、ライフサイエンス向けの低ダークノイズ、産業用途における高速で移動する被写体向けの高速撮影。このすべてに対応します。
 
フル解像度 (4104 x 3006 ピクセル) で毎秒 36 フレーム、くっきりと鮮明でノイズのない画像を確実に撮影するカメラです。リアルタイムで変化するパラメーターに対応するシーケンサーモード、カメラをコスト効果の高いラインスキャンカメラとして使用できるラインスキャンモード、最大 30 秒の長時間の露出など、IDS の特殊機能を標準装備し、用途範囲の広い最高峰モデルといえます。
 
UI-3000SE にはハウジングバージョンとボードスタックカメラ (C マウントあり/なし) が用意されています。OEM バージョンも可能です。画期的な USB Type-C コネクターに加えて、光絶縁されたトリガーおよびフラッシュ用の Hirose 製 8 ピンコネクターと、それぞれ 3.3 V の GPIO を搭載し、産業環境で使用されるさまざまな機能に対応します。すべての SE モデルは USB Power Delivery にも対応し、I/O ポートにさまざまな電力を供給し、LED 照明やライトバリアなどの給電に使用できます。
 
uEye SE には、USB Type-C 搭載の UI-3200SE、GigE 接続およびフレームレートを落としてコスト効果を高めた Sony 製センサー IMX304 を搭載した UI-5200SE もあります。Sony 製 8.9 MP IMX255 および IMX267 搭載バージョンも、近々発売されます。
 

戻る