…医師または薬剤師にご確認ください…

Ensenso 3D カメラが米国の医療分野に貢献

Ensenso 搭載の医薬品オーダー処理システム

健康は、私たちにとって最も貴重な財産です。医薬品が必要となった場合、錠剤、軟膏、ピル、シロップなど、その形態は選択に困るほど多岐にわたります。医薬品の組成が多様であるように、形状、サイズ、材料などの特性に応じて、パッケージのタイプもまた多様性に富んでいます。弊社の Ensenso Stereo 3D カメラは、米国の医薬品業界の物流を支援しています。

6 月、RX Unit Pick Workcell が正式に一般公開されました。弊社の Ensenso N20 の力を借りて、各品目を認識し、一意の医薬品コード (NDC) を確認し、患者向けの自動ラベリングを準備します。速度と精度が大きな決め手となり、Universal Robotics は弊社の GigE インターフェース搭載 Ensenso ステレオ 3D カメラを選択しました。

「IDS Imaging は何年にもわたり、Universal Robotics にとって信頼できるパートナーです。Ensenso 3D センサーは、医薬品ユニットピック用ロボットワークセルに求められる厳しいビンピッキング要件に必要な、速度と精度の両方を兼ね備えています。Ensenso ユニットは長期にわたって信頼性を維持できるので、重要な業務で長期間の顧客満足度を確保できます」と、Universal Robotics 副社長 Hob Wubbena 氏は述べています。

「マテリアルハンドリングにおいて、無数の品目を高速で 100% 検証することは、画期的な技術的進歩です」と、Universal Robotics の CEO、David Peters 氏は語ります。

副作用もあります。医薬品業界は、熟練した作業者の不足という状況にありながら、配送コストと応答時間の両方を削減するという課題を抱えています。その一方で、処方薬の処理量は増え続けています。RX Unit Pick Workcell は、このようなジレンマから脱却するための突破口を開きます。

戻る