専門技術が技術革新を実現。 次世代の USB 3.0 カメラ、IDS uEye®

Innovative USB 3.0 industrial camera from IDS

29 x 29 x 29mm の小型カメラハウジングは超小型であることはもちろん、マグネシウムケーシングでカメラ総重量が 45g 未満という超軽量と堅牢性も実現しています。さらにこのカメラは産業用途に最適です。トリガーとフラッシュの他に、シリアルインターフェース (RS232) としても使用できる 2 つの GPIO (汎用入出力) が搭載されています。そのため、周辺デバイスのトリガーや制御を容易に行うことができます。mini USB 3.0 コネクターと使用可能な取付部品により、このカメラは過酷な産業環境にも最適です。

また、このカメラは機能面でも高い性能を誇ります。輝度補正は余裕の 12 ビット LUT とハードウェアガンマによって実現されます。色深度は 12 ビットで、通常の 8 ビットと比較して 16 倍の詳細度で表現できます。ハードウェアベースのデータ処理により、CPU リソースが一層節約されます。

USB 3.0 には、一般的なインターフェースよりも大きな利点があります:USB 2.0 の 40MB/秒に比べて最高 400MB/秒の 10 倍のデータ速度であり、また、GigE の 3.5 倍の速度です。高精度の USB 3.0 インターフェースにより、マルチカメラシステムの実装と操作がシンプルで容易になります。USB 3.0 には下位互換性もあるため、既存の USB 2.0 システムの使用を問題なく継続することができます。ユニバーサル USB インターフェースは十分普及しているため、長期投資の安全性が保証されます。

まず、VGA から 5 メガピクセルまでの 3 種類のセンサーを新しい USB 3.0 uEye カメラファミリー向けに販売します。もちろん、IDS 独自の実績のあるソフトウェアパッケージ (32/64 ビットドライバ対応の Windows および Linux 用の、C++、C#、および VB のデモプログラムとソフトウェアコード) も、USB 3.0 uEye CP カメラファミリーをサポートします。

2012 年第 1 四半期に販売開始

戻る