IDS トレードフェアのハイライト: VISION 2018 の主役となった IDS

産業用カメラの概念を一新

IDS トレードフェアのハイライト: VISION 2018 の主役となった IDS
来場者数の新記録を達成したのは、トレードフェアそのものだけではありません。弊社もまた、これまで以上に将来性の確かな手ごたえを感じています。産業用カメラ向けのアプリとしての人工知能、3D ビジョン向けオンボード処理、10 GigE および PoE による高速度などの話題を通じて、業界のパイオニアとしての精神を世に広めることができました。
 
「2 年を経て開催された VISION では、私たちのブースには大勢の来場者が詰めかけ、新製品への関心は驚くほど高いものでした。IDS NXT プラットフォームによって、USB インターフェースを搭載した初の IDS 産業用カメラの導入と同じような変革が、マシンビジョン業界にもたらされるという感想が寄せられています」
 

戻る