ソースコードのサンプルと改訂された『Development of vision apps』マニュアルを用意

ユーザー固有のビジョンアプリのプログラミングに役立つサポート

ソースコードのサンプルと改訂された『Development of vision apps』マニュアルを用意
IDS NXT 産業用カメラは、個々の画像処理アプリケーションに莫大な可能性を与えます。ビジョンアプリのおかげで、デバイスの機能を自由に変更できます。ビジョンアプリ開発キットで独自のアプリを作成する場合、IDS の Web サイトで紹介されているヒントをご活用ください。
 
たとえば、『Development of vision apps』マニュアルがあります。再構成して更新され、多数のサンプルを使用しているので、独自のアプリケーションの構築にどのロジックを使えるかがわかります。VirtualBox イメージ (*.ova) で IDS NXT 開発環境をセットアップする、包括的な手順も示しています。また、プロジェクトウィザードを使用して新しいプロジェクトを作成する方法も説明してます。ウィザードでは、プリセットパラメーターによってプロセスが高速化します。
 
 
新しいダウンロードページでは、ビジョンアプリ「グレー値」、「ダイス」、「バーコードリーダー」、「マトリックスコードリーダー」、「RS-232 ゲートウェイ」、「顔認識」のオープンソースコードもユーザーに提供しています。サンプルコードは、カスタマイズしてカスタムプログラミングの出発点として使用できます。
 

戻る