ホワイトペーパー:マシンビジョンの標準化

相互交換性か互換性か

相互交換性か互換性か
マシンビジョン規格の登場により、業界内では今までにないやり方で協業が進められるようになりました。これで、開発コストの削減を目標としているマシンビジョン用途におけるカメラのデザインインフェーズがシンプルになり、短期化されます。
 
デバイスの相互交換性と完全なプラグインプレイ機能は、常に主な特長として重視されてきました。しかし、これらの要素はアプリケーションの実装にとっても欠かせないものなのでしょうか。あらゆる用途に対して全面的に汎用なソリューションが、最適な手段なのでしょうか。それはまったくケースバイケースです。そこでメーカーにとって、望ましい目的は「互換性の拡大」となりますが、標準のビジョンプロトコルを使用することで自動的に達成されます。

戻る