IDS NXT ocean のアップデート: 使いやすさと AI の透過性

IDS NXT ocean のアップデート: 使いやすさと AI の透過性

新しいツールと機能を備えたオールインワンの組み込みビジョンプラットフォーム

IDS NXT ocean 組み込みビジョンプラットフォームには、お客様が事前知識がなくても独自の AI ビジョンアプリケーションを実現し、IDS NXT 産業用カメラで直接実行するために必要な、連携されたすべてのツールとワークフローが備わっています。AI パッケージの次回のソフトウェアアップデートは、10 月にリリース予定です。使いやすさというテーマに加えて、人工知能をユーザーにとって明確でわかりやすくすることにも力を入れています。

IDS NXT ocean などのオールインワンシステムは、IDS が開発した "deep ocean core" を利用してコンピューティング能力と人工知能を組み合わせているので、AI Vision を初めて利用する際に最適です。ディープラーニングやカメラプログラミングの事前知識は不要です。現行のソフトウェアアップデートは、IDS NXT cockpit でのインテリジェントカメラのセットアップ、導入、制御を容易にするものです。このために、ROI エディターが統合されました。ユーザーは評価対象の画像領域を自由に描画して設定でき、多数のパラメーターを使ってカスタムグリッドとして保存して再利用できます。

さらに、新ツールであるアテンションマップと混同行列が、カメラでの AI の動作と決定内容を描画します。これによってプロセスが明確になり、ユーザーはトレーニング済みニューラルネットワークの品質を評価し、ターゲットとする再トレーニングを通じて向上させることができます。データセキュリティも、人工知能の産業利用で重要な役割を果たします。現行のアップデートでは、IDS NXT カメラとシステムコンポーネント間の通信を HTTPS で暗号化できます。

Web サイトでも、新機能をビデオで紹介します。