2018

2018年12月

IDS が新しいコーポレートビデオをオンラインで公開

弊社の新しい企業フィルムでは、弊社の自己イメージ、ビジョン、成果を上げているカメラ製造について紹介しています。

続きを読む...

2018年12月

完全自動 3D 検査セルで品質コストを削減

テクノロジー企業である senseIT は、生産ラインで直接使用できる全自動 3D 検査セルの開発を専門としています。自律性が向上し、時間とコストが大幅に節約されます。インライン検査セルで最も重要なコンポーネントとなるのは、Ensenso ステレオ 3D カメラです。

続きを読む...

2018年12月

産業用カメラの概念を一新

産業用カメラの機能セットは絶えず進化しています。ユーザーはこのような機能を自分でインポートできますが、メーカー提供の機能を変更することはできません。そこで IDS が解決策を提案します。

続きを読む...

2018年12月

来年も変わらぬご愛顧をお願い申し上げます

VISION が開催された 2018 年、産業用カメラ向け人工知能、3D オンボード処理、ビジョンアプリベースソリューションといったトピックが、特に話題をさらいました。2019 年も斬新な製品を世に送り出すべく、来る年も画像処理の新たな可能性を実現するため、全力で開発に取り組んでいます。皆様のご愛顧とご協力に感謝いたします。

続きを読む...

2018年12月

安全の確保

風雨にさらされる過酷な環境、極端な暑さや寒さ、火災や爆発の危険。人間が入りたがらない環境での定期的または臨時の安全性チェックには、無人システムのロボットが使用されます。

続きを読む...

2018年12月

ビジョンアプリによる AI

近々発表されるビジョンアプリベースの産業用カメラシリーズ IDS NXT rio と rome は、すでに AI 対応です。

続きを読む...

2018年12月

IDS トレードフェアのハイライト: VISION 2018 の主役となった IDS

来場者数の新記録を達成したのは、トレードフェアそのものだけではありません。弊社もまた、これまで以上に将来性の確かな手ごたえを感じています。産業用カメラ向けのアプリとしての人工知能、3D ビジョン向けオンボード処理、10 GigE および PoE による高速度などの話題を通じて、業界のパイオニアとしての精神を世に広めることができました。

続きを読む...

2018年11月

3D オンボード処理を搭載した Ensenso XR

N シリーズおよび X シリーズのモデルとは異なり、Ensenso XR ステレオカメラはそれ自体で 3D 点群を計算し、ギガビットイーサネットまたは WLAN 経由でホスト PC に送信し処理できます。データ転送に WLAN を使用する場合、カメラに接続する必要があるケーブルは 1 本だけです (電源用)。VISION では、新しいカメラシリーズの機能プロトタイプを展示します。

続きを読む...

2018年11月

多岐にわたる課題に対する uEye の新製品

マシンビジョンに関連する要素は、具体的な用途に応じて、多数あります。たとえば、データ転送の高速化が要求される場合や、「目に見えない」詳細の特定が重視される場合があります。IDS が提供するソリューションは、これらの課題に汎用的に対応します。

続きを読む...

2018年10月

AI 対応: 人工知能でカメラをアプリ化

VISION では、IDS のビジョンアプリベースのカメラプラットフォームの、画期的なプロトタイプが初披露されます。製品ファミリー IDS NXT rio および IDS NXT rome (保護等級 IP65/67) は、産業用カメラの概念を一新します。ビジョンアプリに基づく非常に柔軟な用途を可能にするうえ、機能を完備した標準産業用カメラとしても使用できます。

続きを読む...

2018年10月

DKMS 企業登録キャンペーン – 模範として推奨

9 月、オーバーズルムの本社で IDS は血液がんと戦う DKMS 登録キャンペーンを実施しました。結果は誇るべきもので、その反応は主催者の期待を大きく上回るものでした。従業員の 15% 以上が提供の申し出を受け入れて、登録を行いました。

続きを読む...

2018年10月

新たな波を起こすアプリケーション

波は、海岸形成において中心的な役割を果たします。海岸の地形の構成には、波の生成と移動が中心的な要因になります。LEGI (Laboratoire des Ecoulements Géophysiques et Industriels à Grenoble) はこのテーマを専門としています。同機関の研究者は、波同士のエネルギー交換について詳しい知識を取得するため、特に干潟における波動力学を研究しています。目的は波浪気象学の発展です。

続きを読む...

2018年10月

柔軟性を最大化

多くの画像処理用途では、動作距離が変動します。生産ラインの収益を十分に上げるには、大量生産だけでなく少量生産を手掛ける必要が強まっています。このため、新製品に合わせて、動作距離の変化にすばやく容易に対応できることが求められています。液体レンズを搭載したカメラは、被写体との距離に数ミリ秒でフォーカスを合わせ、数百万サイクル使用しても摩耗せず、部品を動かす必要もありません。

続きを読む...

2018年10月

IDS Vision 資料がオンラインに

英語が世界共通の言語としてさまざまな国の人々をつなぐように、画像処理規格 Vision はさまざまなメーカーのハードウェアとソフトウェアをつなぐ役目をします。世界共通の言語を使えば、生まれた国にかかわらず話し合えるように、Vision を利用するカメラとソフトウェアも、メーカーの違いを超えて相互に連携できます。

続きを読む...

2018年10月

IDS がアジアでの認知度を強化

まもなく Haruka Izumi が日本での営業チームを拡大します。これは、アジア各国での IDS カメラ需要の増大に対応するものです。Haruka Izumi は 日本セールスマネージャーとして、お客様に充実した現地サポートを直接提供します。

続きを読む...

2018年09月

Ensenso と組み込みビジョン向け HALCON による 3D 物体検証

3D 画像処理で、人間の眼ではとらえられないテスト物体の不備や小さな差異を検出します。

続きを読む...

2018年09月

家具の組立て: Ensenso N35で正確かつ迅速に

シンガポールの南洋理工大学 (NTU Singapore) の科学者達は、人間の手を借りずに、椅子の個々の部品を自律的に組み立てられるロボットを開発しました。ロボットは、Ensenso N35 3D カメラと、物体を持ち上げるグリッパーを搭載した 2 台のロボットアームで構成されています。ロボットによる IKEA の椅子の組み立てを支援するため、「機械航空工学科」のチームは、3 種類のオープンソースライブラリでアルゴリズムをコーディングしました。

続きを読む...

2018年09月

Sony 製センサー IMX273 が uEye SE モデルとして登場

IMX273 は、卓越した画質を提供する Sony 製センサーで、非常に高いフレームレートと低ノイズレベルを実現します。これらの特性により、1.6 MP CMOS センサーは万能に使えるようになります。uEye CP および uEye FA カメラモデルに続いて、uEye SE シリーズカメラに統合され、各種のレンズホルダーを持つボードレベルカメラが初めて実現しました。

続きを読む...

2018年09月

IDS が韓国での存在感を強化

2018 年 9 月より、IDS Imaging Development Systems GmbH は韓国に子会社を設立します。これは、産業用デジタルカメラの大手メーカーとして、現地での画像処理市場を重視しているという姿勢の現れです。

続きを読む...

2018年09月

(3D) カメラ技術で欠陥ゼロ生産?

ソフトウェア支援型カメラ画像評価は、生産プロセスでの欠陥および不揃いの早期検出を支援しま す。

続きを読む...

2018年09月

uEye プログラミングを簡単に始める

uEye プログラミングの新しいサンプルを紹介します。C でプログラミングするための Visual Studio をセットアップする方法、C# または Visual Basic で考慮すべき条件です。

続きを読む...

2018年09月

IDS NXTをフル活用する

ワイヤレス通信は、近頃では消費者向け製品で標準的になりましたが、産業用画像処理の分野では、まだ使用事例の少ないテクノロジーです。

続きを読む...

2018年08月

拡張された 3D ビジョン

3D カメラデータによる環境認識により、以前は人間でしかなしえなかった、多数の画期的な適用事例が実現しました。このため、ロボットは人間と同じような方法で物体を認識し、さまざまな状況に自律的に対応できるようになりました。寸法や作業場での位置に加えて、基準とする物体と比較した差異や欠陥について正確な判断を下すこともできます。

続きを読む...

2018年08月

GigE Vision カメラの新しいファームウェアを公開

最適な互換性: GigE Vision 規格によって、メーカーが異なるカメラも正常に連携できることが保証されます。定期的にアップデートすることで、GigE カメラを最新の状態に維持できます。GigE Vision ファームウェア 1.6 は、弊社 Web サイトから無償でダウンロードできます。

続きを読む...

2018年08月

新機能: IDS Software Suite 4.91

IDS Software Suite for Windows バージョン 4.91 がダウンロード可能になりました。Linux バージョンは追って 8 月末に公開されます。本リリースは、新しいセンサーとカメラモデルをサポートします。たとえばフォーカス可能な uEye LE ボードレベルカメラや 18.1 MP uEye LE Rev. 2 カメラなどで、それぞれ USB 3.1 Gen 1 インターフェースを搭載しています。今回初めて、IDS Cockpit に最大 5 種類のシャープネス測定範囲を定義できるようになりました。過熱時の対処機能により、一部の IDS カメラファミリーでは「稼働状態」の通信も可能になりました。

続きを読む...

2018年08月

IDS がサポートするチームが勝利

4 か国の合計 6 チームが決勝に臨み、Digital4Eyes の課題の解決に取り組みました。今年の課題は、画像認識でした。参加者は 3 か月間で、ライフサイエンスの工程に対して実際に機能する技術、先端テクノロジー、オートメーションを開発しました。審査員の声明では、大会参加のレベルの高さを強調しています。

続きを読む...

2018年06月

IDS が Automatica に出展: ホール B5、ブース 203

automatica において IDS は、IDS NXT 製品ファミリーのビジョンアプリベースの産業用カメラの可能性を紹介し、1.3 MP CMOS カラーセンサーを搭載した新メンバー、IDS NXT vegas を披露します。また、次の 2 つの新モデルである IDS NXT rio と IDS NXT rome のプロトタイプも紹介します。もう 1 つの注目はロボットビジョンアプリケーション向けの Ensenso 3D カメラシステムで、Sony 製 IMX264 センサー搭載の Ensenso X 5 MP バージョンを拡張したものです。

続きを読む...

2018年06月

卓越した画質: IMX273 Sony センサー搭載 uEye CP カメラ

Sony 製 Pregius ファミリーの IMX273 グローバルシャッター CMOS センサーは最大 245 fps を発揮し、卓越した感度とハイダイナミックレンジを特長としています。このような特長のおかげで、暗い場所での撮影や移動する被写体の撮影も簡単です。1.58 MP センサーも uEye CP カメラと組み合わ可能になり、サイズはわずか 29 x 29 x 29 mm です。

続きを読む...

2018年06月

スピードアップ: USB 3.1 Gen 1 搭載の 18.1 MP uEye LE カメラの第 2 弾

6 月より、ON Semiconductor 製 18.1 MP ローリングシャッター CMOS カラーセンサーを搭載した、低コストの uEye LE 産業用カメラが、USB 3.1 Gen 1 バージョンの第 2 弾として発売されます。曲げ強度の高い USB Type-C コネクターを搭載し、速度はほぼ 2 倍になりました。

続きを読む...

2018年05月

記録と新たな目標

40 歳になるまでに 100 万ユーロを稼ぎたいと思う人もいるでしょう。IDS はその半分の時間で達成しました。ただし、ユーロではなく台数です。2018 年 5 月、IDS は 100 万台目のカメラを出荷することができました。つまり、世界中で使用されている IDS カメラは、100 台あるのです。

続きを読む...

2018年05月

ピントはぴったり: USB 3.1 Gen 1 LE ボードレベルカメラ

SマウントもしくはCS-/Cマウント液体レンズ対応のフォーカス調整が可能なuEye LE USB 3.1 Gen 1ボードレベルカメラが7月よりリリースとなります。カメラに対応する液体レンズは別でのご提供となります。ユーザーはソフトウェア経由で簡単にフォーカスを調節できるので、被写体との距離が変動しても、最高画質の画像を撮影できます。曲げ強度の高い USB Type-C コネクターおよび USB Power Delivery を搭載した低コストの uEye LE 産業用カメラは、小型機器の組み立てにも従来のマシンビジョン用途にも、きわめて有効です。

続きを読む...

2018年05月

人工知能ベースのロボットセルが 2 台の Ensenso カメラで「3D 画像を見る」

1 台の 6 軸ロボットに、多機能グリッパー、モジュール型人工知能ソフトウェアプラットフォーム (Neocortex®)、Ensenso ステレオ 3D カメラを統合しました。これらは、米国のソフトウェア企業でインテグレーター、Universal Logic による、新しい Neocortex® Goods to Robot (G2R) ロボットセルの主要なコンポーネントです。

続きを読む...

2018年05月

IDS NXT: カラーセンサーモデル、新しいファームウェア、アップデートされた COCKPIT

IDS NXT カメラファミリーは進化を続けています。1.3 MP CMOS カラーセンサーを搭載した IDS NXT vegas の新モデルが先日リリースされました。ビジョンアプリベースのセンサーで、カラー認識が必要な画像処理タスクにも対応できるようになりました。

続きを読む...

2018年05月

気象調査を支援する USB 3 UEYE CP カメラ

海は、地球上のグローバルな気候変動に対して中心的な影響力を持っています。海洋生物やそのコミュニティの構造を水中および海底で調べることで、将来の気候の動向について重要な情報を得られます。これは自然現象による変動のみならず、人為的に生じる変動についてもあてはまります。

 

続きを読む...

2018年04月

IDS の Ensenso X シリーズが Gold 賞を獲得

アメリカの業界誌『Vision Systems Design』が、画像処理分野の製品およびサービスを対象とする第 4 回 Innovators Award を発表しました。IDS Imaging Development Systems GmbH の Ensenso X シリーズは「3D カメラ」部門で「Gold」を受賞し、画像処理分野で最も画期的な製品であると評価されました。独創性、革新性、斬新な技術の利用、そして設計者、システムインテグレーター、ユーザーへの利点、生産性への効果という基準が評価に適用されます。

続きを読む...

2018年04月

IDS NXT のグローバル展開

IDS NXT は、IDS が提供する新世代のビジョンアプリベースのセンサーおよびカメラです。ユーザーの要件に合わせて調整でき、さまざまな画像処理作業に使用できる、優れた柔軟性を備えています。標準のアプリでは対応できない個々の用途について、ユーザーは個々のビジョンアプリを作成してインストールできます。IDS NXT プラットフォームの第一弾は IDS NXT vegas で、1.3 MP CMOS センサー、自動フォーカス搭載液体レンズ、内蔵 TOF センサー、およびその他多数の機能を搭載しています。さらに、カラーセンサー搭載 IDS NXT vegas や、ファームウェアおよび cockpit の新バージョンも近日中に発表します。

続きを読む...

2018年04月

新リリース: GigE Vision カメラファームウェア 1.5

GigE Vision カメラモデルおよび IDS Vision Suite のユーザーは、拡張された機能を利用できるようになります。新しいカメラにはアップデートされたファームウェアが搭載されています。すでに IDS の GigE Vision 産業用カメラをお使いの場合も、簡単にアップデートして、拡張されたトリガーモード、プログラム可能なカウンターとタイマー、パルス幅変調などの便利な機能を使用できます。

続きを読む...

2018年04月

レゴの原則によるトリガー

知らない人はいないでしょう。カラフルなプラスチック製ブロックで、組立方式は特許を取得しています。思うままにブロックを組み合わせて、自由な発想で組み立てられます。レゴの原則は、シンプルながら独創性が高く、成功を導くカギであることが判明しました。マシンビジョンの世界でも、この原則を大いに利用しています。

続きを読む...

2018年04月

今すぐインストール: IDS Vision Suite 1.1

新しい IDS Vision Suite 1.1 には、圧縮された形式でのデータ転送や各種の画像形式での保存など、IDS GigE Vision カメラ向けの便利な新機能が含まれています。さらに、開発者向けに詳細な GenICam コードサンプルを用意しています。IDS Software Suite は、Windows、Linux、Linux Embedded 向けが提供されます。

続きを読む...

2018年03月

GPU ベースの画像処理で処理を高速化

5 MP の高解像度カメラ搭載の Ensenso X シリーズを利用すると、3D 点群の画質が向上しますが、データ量が増加するため、処理時間が長くなります。新しい EnsensoSDK 2.2 は、超高速で処理を行い、高いクロックレートを実現するソリューションを提供します。同時に、1.3 MP カメラ搭載の Ensenso X システムにとっても有益です。

続きを読む...

2018年03月

アジアおよび米国での堅実な成長

 弊社は、新年に際して楽観的な見通しを持っています。受注量の 2 桁成長と、前向きなビジネス開発が、その裏付けです。売上は現在、アジアと北米大陸において著しく増加しています。

続きを読む...

2018年03月

uEye リングバッファーで画像を撮影

新しいプログラミングサンプルでは、リングバッファーで画像を連続して撮影するという基本的アイデアを説明しています。

続きを読む...

2018年02月

3 月発売: 5 MP カメラ搭載の Ensenso X

広くなった視野、高まった画像の精度。IDS は、Sony 製 IMX264 CMOS センサー付き 5 MP カメラを搭載した、柔軟な 3D カメラシステム Ensenso X を発売します。1.3 MP 搭載の旧システムと比べて、視野が広がり(最大 20%)、水平解像度が最大 35% 向上し、ノイズが約 30% 低下しています。

続きを読む...

2018年02月

小型で高速、優れた画質

40 以上のモデルを有する USB 3 uEye CP ファミリーは、進化を続けています。Sony 製 IMX273 1.6 メガピクセル CMOS センサー(モノクロまたはカラー)搭載の新しい USB 3.0 産業用カメラ UI-3040CP が、2 月末からデザインインとして提供されます。量産は 2018 年第 2 四半期から開始されます。

続きを読む...