自動フロアマーキング用2Dロボットビジョンシステム

自律移動ロボット(AMR)による倉庫自動化の精度と効率性

自律移動ロボット(AMR)は、工場や倉庫の自動化に大きく貢献し、イントラロジスティクスに不可欠な存在となっています。しかし、それぞれのイントラロジスティクス環境下で安全かつ正確に移動できなければなりません。カメラ、センサー、LiDAR(Light Detection and Ranging)などの技術に加え、最適な機能性を確保するため、床面には通常、事故防止ナビゲーションのための光学マーキングが使用されます。

倉庫や工場の床に、最小限の時間とコストで効率的にマーキングするために、ロボティクス企業のSolid-3Dは、高精度技術を使用して、あらゆる表面に1ミリメートル以下の精度でステッカーを貼り付けるソリューションを開発しました。さらに、Mark.Oneロボティックシステムは、棚、設備、その他の備品を正確に配置するための正確な穴を開けることができ、倉庫内のナビゲーションの効率を高めます。革新的な倉庫自動化ロボットの心臓部には、IDS の USB uEye LE 産業用カメラを使用したビジョンシステムが搭載されています。

「限られた寸法、重量制限、利用可能な電力など、小型自律走行車の要件を満たしながら、カメラ、レンズ、照明、処理コンピュータを組み合わせた非常にコンパクトなシステムを開発することが課題でした」とSolid-3D社CEO、Claudiu Tanasescu氏は説明します。

個々のコンポーネントを選択する際、ピクセルサイズ4.5 µmの192万画素CMOSセンサーを搭載した超小型・軽量のUI-1250LEカメラに決定しました。8mmのTAMRON M118FM08レンズとの組み合わせにより、マーキングの正確な配置に不可欠なピンシャープな画像を撮影できます。このレンズは、カメラのセンサーとの互換性とコンパクトな設計のために統合されました。直径わずか29mm、長さ44.8mmのTAMRONレンズは、Mark.Oneロボットのスペース制約に対応しながら、卓越した光学性能を発揮します。

IDS の USB uEye LE 産業用カメラを搭載した自律移動型測位ロボットが工場フロアを撮影
IDSのUSB産業用カメラを搭載したSolid-3DのMark.Oneロボットシステム (Photo © Solid-3D)