IDS NXT cockpit 2.3 リリースノート

はじめに

本リリースノートは IDS NXT cockpit 2.3 の変更について説明します。本バージョンの IDS NXT cockpit では、Windows 10 バージョン 20H2 をサポートします。

注:IDS NXT cockpit 2.3 を使用して IDS NXT vegas カメラを操作することはできません。IDS NXT vegas モデルの代わりに IDS NXT Cockpit 1.2.4 をご利用ください。

IDS NXT cockpit 2.3.0

新機能および変更された機能

注:バージョン 2.3 では、デフォルトのインストールパスが変更されています。何も変更しなければ、IDS NXT cockpit は "C:\Program Files\IDS\ids_nxt_cockpit" にインストールされます。

IDS NXT cockpit の Crawler アプリケーション

以前は分離されていた Crawler アプリケーション (ホストアプリケーションは PC 上、ビジョンアプリはカメラ上) が、IDS NXT cockpit に完全に統合されました。このため、カメラ上でビジョンアプリを使用する必要がなくなりました。Crawler を IDS NXT cockpit で直接起動して、すべての設定を指定して画像を保存できます。また、Crawler で 1 つ以上の ROI を定義して、分類用のクラス名を付けて保存できまs。

新しい ROI マネージャー

複数の ROI (関心領域) を保存および編集するための、ROI マネージャーが導入されました。ROI マネージャーは、ビジョンアプリ "Classifier" など、ビジョンアプリの IDS NXT フレームワークから利用できます。複数の ROI を定義し、名前を割り当て、ROI のサイズと位置を編集できます。ROI グリッド生成ツールを使用して、ROI を固定グリッド上にすばやく作成できます。さらに、ROI 構成を XML ファイルとしてエクスポートまたはインポートできます。

FTP クライアント

カメラで FTP クライアントを有効にできます。これにより、FTP サーバーへ検出や分類の画像を転送できるようになります。この機能をビジョンアプリで使用するには、カメラのネットワーク設置柄で、FTP クライアント用の対応する設定を指定する必要があります。

FTP クライアントを有効にした場合、ビジョンアプリ "Classifier" または "Object Detector" の設定で FTP サーバーのステータスが表示されます。転送の場合、画像は該当するビジョンアプリの名前を持つサブディレクトリに保存されます。

デジタルズーム

IDS NXT cockpit. に表示された画像を、ズームインまたはズームアウトできるようになりました。ズームされた画像を IDS NXT cockpit での表示に使用でき、カメラ設定での変更はありません。画像を保存すると、ズームされた一部だけでなく、画像全体が保存されます。

ズームされた画像表示では、ROI は作成できないことに注意してください。

SSL 証明書

SSL 証明書 (自己署名または CA 署名) をカメラにアップロードして、ホスト PC とカメラの間で安全な接続を確立することができます。バージョン 2.3 では、IDS NXT cockpit で SSL 証明書をアップロードしたり、現在の証明書を表示したりすることもできるようになりました。

全般的な改善

  • [Highlight] タブがビジョンアプリ "Classifier" と "Object Detector" に追加され、結果の表示が改善されました
  • ビジョンアプリの結果表示のテキストが拡大され、読みやすくなりました。
  • IDS NXT cockpit の動作の改善により、カメラ性能への影響が小さくなるようにしました。
  • IDS NXT cockpit でのセットアップと個々のグラフィカル要素を最適化しました。
  • カメラの温度が上昇し、警告範囲に達すると、メッセージが表示されます。

ステータス:2021-11-05