ホットピクセルを自分で編集

ホットピクセルとは、入射光に線形に反応しない、またはまったく反応しないピクセルです。出荷前に、IDS カメラはホットピクセルがないかチェックされます。見つかったホットピクセルはカメラメモリに保存され、ホットピクセル補正を有効にして補正できます。

ただし、センサー上のピクセルは補正されません。後になって、ピクセルの劣化、熱、またはセンサー搬送中に受ける宇宙線によって、その他のホットピクセルがセンサー上に発生することがあります。新しいホットピクセルが発生したときにカメラを返品しなくて済むように、uEye Hotpixel Editor を使用してホットピクセルを簡単な操作で定義できます。

uEye Hotpixel Editor は無償の IDS ソフトウェアスイートの一部です。