VISION 2018 に出展される画期的な製品

IDS は常にパイオニアであり続けています。IDS は、インターフェースとしてデジタル産業用カメラに USB を初めて使用した企業です。VISION 2018 では、新しいモデルと機能を展示し、ビジョンアプリベースの産業用カメラの IDS NXT プラットフォームで、画像処理業界を変革できる使用事例を紹介しました。しかも、変革には持続可能な方法が採用されています。
 
3D ビジョンの分野での斬新な機能も開発されています。たとえば、3D 点群をそれ自体で計算できる初のステレオカメラシリーズ、Ensenso XR を発表します。展示会ではその他にも、フォーカス可能な液体レンズ搭載 USB 3.1 Gen 1 産業用カメラ、さらに高速化された 10 ギガビットイーサネットカメラの概念検証、Sony 偏光センサー搭載カメラのプロトタイプなど、多数の機能を備えたさまざまなモデルをご紹介いたしました。以降のページでは、これらの製品の第一印象をご覧いただけます。
App your camera - 産業カメラ向けアプリとしてのAI

新しいモデル、機能、センサー、通信インターフェース、そして「オンカメラニューラルネットワーク」: これらはビジョンアプリベースのカメラプラットフォーム IDS NXT の画期的な開発内容です。

Unlimit3D Vision - 2倍の速さ
ピックアンドプレースから品質保証まで: IDS の Ensenso 3D カメラは、広範囲にわたる使用事例で定評があります。新しい Ensenso XR カメラファミリーのプロトタイプが、VISION で初めて公開されました
It's so easy! - 偏光センサー搭載のuEye-簡単フォーカス―10 GigE 概念研究
追加パフォーマンス: オンピクセル偏光板付きカメラ、「アクティブフォーカス」に10 GigE インターフェース概念研究-一味違う画像処理向けソリューション