Vision 規格

マシンビジョンインターフェース規格

デジタル画像処理市場は発展を遂げています。AIA (Advanced Imaging Association) および EMVA (European Machine Vision Association) の認定済みマシンビジョン規格のシステム設計における重要性は、日増しに高まっています。様々なベンダーのコンポーネントの相互運用を統一し、シンプルかつ汎用で、メンテナンスが不要でコスト効果の高い、アプリケーションとフレームワークの実装を可能にします。

IDS Software Suite の他にも、IDS カメラは GenICam 準拠の標準転送プロトコルである GigE Vision®USB3 Vision® もサポートしています。

IDS Software Suite にも Vision 規格にも対応。豊富なバラエティ。

IDS は、GigE Vision 規格と定評ある IDS Software Suite による独自のソリューションから自由に選べる、唯一のカメラメーカーです。

GigE Vision

GigE Vision 産業用カメラ

GigE Vision は、産業用カメラ向けのグローバルインターフェース規格で、ギガビットイーサネット通信プロトコルをベースとしています。GigE Vision によって、標準のイーサネットケーブルを使用して遠距離でも高速で画像転送を実現できます。弊社の GigE Vision カメラは、GigE Vision 規格をサポートするあらゆる画像処理ソフトウェアと互換性があります。特殊なドライバーは不要で、すぐに操作できます。

IDS Vision Suite は、ビジョンカメラをすばやく簡単に動作させるためのソフトウェアサポートを完備しています。

GigE Vision の詳細については、AIA のWeb サイトをご覧ください。http://www.visiononline.org/vision-standards-details.cfm?type=5

USB3 Vision

USB3 Vision 規格

USB3 Vision 規格により、USB 3.0 は規定されたコネクターとケーブルを使用する産業用途に適したカメラインターフェースになりました。USB 3.0 の持つ広帯域、シンプルな操作、コスト効果の高い周辺機器という特長から、USB3 Vision カメラは産業用途にもコンシューマー向けにも適しています。GigE Vision カメラと同様に、特殊なドライバーがなくても USB3 Vision 準拠の画像処理ソフトウェアで使用できます。

USB3 Vision の詳細については、AIA のWeb サイトをご覧ください。http://www.visiononline.org/vision-standards-details.cfm?type=11

GenICam

GenICam™ は「Generic Interface for Cameras (カメラ向け汎用インターフェース)」の略で

GenICam は「Generic Interface for Cameras (カメラ向け汎用インターフェース)」の略で、産業用カメラの制御および画像撮影のための、メーカーに依存しない標準化されたプログラミングインターフェースを提供します。GenICam は使用されるインターフェース技術 (GigE Vision、USB3 Vision、USB 2.0 など) に依存しません。GenICam には、GenTLGenAPISFNC 3 つのモデルがあります。

SFNC (Standard Features Naming Convention) は、カメラ機能の命名を統一します。機能マニュアルを調べなくても、簡単に機能を使えるようになります。

GenApi (GenICam Application Programming Interface) は、カメラの全機能の説明と解釈を、カメラから指定される XML 構成ファイルを使って表現できます。アプリケーションには、すべてのカメラ機能へのアクセスが自動的に付与されます。

GenTL (GenICam Transport Layer) は、カメラの接続と画像撮影の制御のための一般的なインターフェースを定義し、使用されるインターフェース技術に依存しません。

GenICam は European Machine Vision Association (EMVA) が管理し、開発しています。GenICam の詳細については、Web サイト (www.genicam.org) をご覧ください。

詳細な情報を

ホワイトペーパー