ホワイトペーパー

Stay connected with USB 3.1 - The next generation standard camera interface

Stay connected with USB 3.1 - The next generation standard camera interface

In previous generations USB was only a data interface, capable of supporting limited power for a device. With the USB 3.1 specification the USB implementers forum (USB-IF) has reworked also other sections.

The most significant improvement is the new USB Type-C connector which put an end to the plug confusion and should become the new standard. But what are the innovations of USB 3.1 and what are the benefits for USB as a camera interface?

常に接続を維持 - USB 3.0 に今切り替える意味

常に接続を維持 - USB 3.0 に今切り替える意味

産業環境では、信頼性、生産性、安定性がすべての中心になっています。プロセスや機器には多数の認定が適用されます。変更は事前に余裕を持って計画され、テストされます。まだ初期段階にあるテクノロジーの無限の可能性に、とまどっている余裕はありません。そして、新しい物事に対して懐疑的になるのは、当然のことです。いずれにしろ、プロセスやワークフローを最適化するには、既知のテクノロジーを使用して計画するのが最善です。

しかし、テクノロジーの導入準備が整ったことを、どのように判断できるのでしょうか。テクノロジーの時限爆弾に危険がないと、どの時点で確証できるでしょうか。そしてその時が来るまで、ただ手をこまねいて待つだけでよいのでしょうか。しかし、新しいテクノロジーをこれまで取り入れていなければ、今どのような状態になっていたか、考えてみましょう。十分に試されたテクノロジーに固執して、その他の知識は不完全なままでは、第 4 次産業革命を起こせるわけがありません。

ステレオ画像から深度情報を取得する

本紙では、ステレオカメラを使った遠近感の主な処理手順の概要について説明します。一般的な方法を説明した後に、NxLib ステレオ処理ライブラリを組み合わせた Ensenso N10 ステレオカメラの仕様について説明します。

ハイダイナミックレンジ画像:画像とセンサーの関係およびその基本、機能の仕組み、使い方について (英語)

かつては画像センサー分野の技術開発といえば、まずピクセル数を増やして解像度を上げることを目指していました。しかし現在のデジタルカメラは、すでに 10メガピクセル以上の解像度を実現しています。これは、通常の視力を持った人の裸眼では見わけることができないほどの細部を画像として映し出せることになります。しかしダイナミック・レンジに関しては、従来の画像取り込み装置よりも人間の視覚の方がはるかに優れています。非常に明るい部分と非常に暗い部分が共存する景色の場合、カメラはすぐに限界に達してしまいますが、これは人間の眼がすべての明度を知覚できるのに対し、画像センサーは露出過多に陥って画像データが失われてしまうためです。HDR(ハイダイナミックレンジ)技術は、非常に明るい部分でも、人間の眼のように微妙な明るさの違いを画像にすることができるようにしたものです。このホワイトペーパーではHDR技術の背景と、HDR画像センサーの機能的な仕組みについて説明しています。また、この新技術の潜在的な可能性と限界についても言及しています。

USB 3.0 - カメラインターフェースに使用される背景、そして新機能と適用性

2008年11月、人気の高いインターフェースを更に進化させた「SuperSpeed USB」の仕様が発表されました。この製品は特に転送速度が大幅に向上した新バージョンであり、プロトコルレベルでの改良だけではなく、ハードウェア側についても2.0バージョンの欠点が一部解消されています。この記事ではUSB3.0の特徴の他、画像処理用カメラのインターフェースとして使用することの利点をご紹介しています。