PC 不要の可視化と画像処理

uEye XS 産業用カメラ - Raspberry Pi

最新のトレンド

経済的な ARM ベースのシングルボードコンピューター

250 万台以上が販売され、豊富な機能を手頃な価格で提供するコンパクトな Raspberry Pi は、組み込みミニコンピューター市場に旋風を巻き起こしました。Raspberry Pi は、消費者だけでなく、開発者の間でも注目を集めています。

さらに、ARM ベースシングルボードコンピューターをマシンビジョン用途に利用すると、膨大な可能性が開きます。用途に制限はありません。

uEye XS 産業用カメラ- Raspberry Pi

新しい XS と Raspberry Pi

省スペース、低コストの可視化、画像処理タスクをバランスよく組み合せています。

今なら、IDS Direct Web ストアからすべての Raspberry Pi チップセット向けの Raspbian Image を IDS Software Suite でダウンロードできます。uEye ドライバーの他に、パッケージには uEye Cockpit が含まれ、XS カメラのすべての機能のセットアップと制御を快適に行えます。
 
豊富な自動化機能とコンパクトサイズという特徴により、新しい USB 2.0 XS ミニカメラは Raspberry Pi との組み合わせにお勧めです。VGA 解像度では、最大 30 fps のフレームレートを実現できます。
 
XS カメラと Raspberry Pi の組み合わせで、キオスクシステム、監視システム、医療工学での視覚化など、シンプルでコスト効果の高いアプリケーションが既に実現しています。

XS 向け Linux 組み込みをダウンロードして試す

注意:ダウンロードの前にご登録ください - ここから登録

弊社では、弊社の USB 2.0 XS カメラの使用についてのみソフトウェアのサポートを行います。