IDS NXT 2.5

IDS NXT 2.5 リリースノート

はじめに

本リリースノートでは、IDS NXT 2.5 リリースの新機能と変更点について説明します。このリリースには以下のコンポーネントが含まれています。

IDS NXT lighthouse 2.5

IDS NXT lighthouse のリリースノートは、IDS NXT lighthouse (https://ids-lighthouse.ai/login/) から直接確認できます。

IDS NXT OS 1.4.0

IDS NXT OS 1.4.0 のリリースノートは、IDS NXT OS 1.4.0 リリースノートで確認できます。

IDS NXT cockpit 2.4.0

本バージョンの IDS NXT cockpit では、Windows 10 64 ビット (バージョン 21H1、20H2、2004、1909) をサポートします。

注:IDS NXT cockpit 2.4 を使用して IDS NXT vegas カメラを操作することはできません。IDS NXT vegas モデルの代わりに DS NXT Cockpit 1.2.4 をご利用ください。

新機能および変更された機能

  • 新しいカメラ機能:既存のカメラパラメーターを IDS NXT cockpit 2.4.0 で拡張しました。今後、既存の関数に加えて新しいパラメーターが追加されます (前提条件:IDS NXT OS 1.4.0 以上がカメラにインストールされていること)。具体的には以下の機能です。
    • 2x2 および 4x4 ビニング
    • ガンマ補正 (拡張ゲイン設定内)
  • 新しい「センサー ROI」領域で、センサー上で画像を直接制限できます。これにより、指定された画像の詳細のみが読み出されて処理されるので、メモリ使用量が減少し、処理時間が短縮されます。
  • 回転対称の物体をチェックする場合には、ラインスキャンモードを使用します。ラインスキャンモードを使用すると、回転する物体の狭い領域を連続的にキャプチャできます。このような領域をカメラ上で直接結合して、画像を作成します。たとえばラインスキャンモードでテスト検体のシェルを「解除」して、2 次元画像として表示できます。するとビジョンアプリを利用してこの画像をカメラで直接分析できます。
  • バックアップ機能により、バックアップを作成してカメラのデータとして保存できます。バックアップファイルを同じ IDS NXT カメラにロードして、インストールしたアプリと構成を他の IDS NXT カメラに転送することもできます。
センサー ROI の設定
センサー ROI の設定

全般的な改善

  • IDS NXT cockpit の連続操作中にメインメモリが過剰にロードされる原因となっていた、メモリリークを修正しました。
  • カメラファームウェアのアップデートが高速化されました。
  • ビジョンアプリのメモリ使用量が VApp Manager に表示されるようになりました。
  • ファイルのアップロードまたはダウンロード中に、グラフィカル インターフェースに進行状況バーが追加されました。
  • "." (ドット) を含むファイルパスを使用して画像を保存できないバグを修正しました。

ビジョンアプリ

Object Detector 2.0.4

  • Object Detector では 1 つ以上の ROI (関心領域) を定義できます。ROI では、任意の位置にある物体を検出によって特定できます。
  • REST インターフェースによる結果出力が調整され、ROI を表現するようになりました。
  • ROI の情報が結果の XML ファイルに追加されました。結果の XML ファイルは画像とともに FTP 経由で転送されます。
  • CNN (畳み込みニューラルネットワーク) を切り替えた後に不正な結果が生じるバグを修正しました。
検出用の 2 つの ROI を持つ Object Detector
検出用の 2 つの ROI を持つ Object Detector

Classifier 1.3.10

  • カメラ機能「ビニング」向けにビジョンアプリがアップデートされ、ビニングを有効にすると設定済みの ROI がアップデートされるようになりました。

CNN Evaluator 2.4.7

  • Microsoft Edge で結果の JSON ファイルをビジョンアプリの Web ページからダウンロードできないバグを修正しました。

OPC UA Server 1.3.0

  • 新しいカメラ機能としてビニング、ガンマ補正、センサー ROI、ラインスキャンモードのサポート。前提条件:IDS NXT OS 1.4.0 以上がカメラにインストールされていること。

IDS NXT Vision App Creator 1.4.0

  • IDS NXT API がバージョン 2.4.0 にアップデートされ、IDS NXT OS 1.4.0 向けのビジョンアプリをプログラムできるようになりました。
  • ビジョンアプリの Web ページのサポートなど、ビジョンアプリとプラグインのテンプレートがアップデートされました。
  • ビジョンアプリのソースコードサンプルが GitHub (https://github.com/ids-imaging/ids-nxt-vision-app-examples) から入手できるようになりました。
  • バグが修正され、Oracle Virtual Box をバージョン 6.1.20 以上でも使用できるようになりました。

ステータス:2022-02-17