IDS の 25 年の歩み

「何か新しいものを作り出そうという考え方が、私たち全員にしっかりと根付いています」

1997 年に産業用カメラメーカーとして社員 2 人で創立され、25 年を経た今、感謝の意を込めて弊社の歴史を振り返ります。

ここ 2 年間は世界中の企業に多大な圧力が課せられました。中規模企業の弊社は、いまだに多くの課題を抱えています。世界的な半導体不足と、基本的な電子部品のサプライチェーンの逼迫により、弊社のカメラ生産も影響を受けています。しかし、確かなことが 1 つあります。弊社が幾度となく実証してきたように、弊社はパイオニアとして変化を進んで取り入れます。そこで、弊社の記念となる今年、困難な世界的な経済状況に対して柔軟性と創造性で立ち向かいます。新しいハードウェアプラットフォームの目先の短期的開発、開発焦点の積極的な修正、効果的なサプライヤー管理を打ち立てて、商品を確実に流通させ、現状の影響を低減させていきます。