Ensenso 3D カメラ

3D ビジョンおよびロボットビジョン向け

すばやく簡単、正確

IDSのEnsensoステレオ3Dカメラは、ロボットビジョンアプリケーションのための産業用ソリューションです。高精度に加えて多くの付加価値を提供します。このカメラは簡単に統合ができ、精巧な技術の必要性を排除し、スピードという観点において新天地を切り開きます。Ensensoは、最も複雑な要件にも対応できます。例えばビンピッキングなど、コスト効率を保証しながら、プロセスの信頼性と比較的短いサイクル時間を実現します。

Ensenso N、X、XR カメラはステレオビジョンの原理に従って動作します。強力なプロジェクターのサポートにより、高コントラストのテクスチャが画像処理対象の物体に投影され、長距離からでもさらに詳細な 3D 点群を作成します。

Ensenso S シリーズは構造化レーザーライトによる代替 3D 手法を使用し、コスト効果に優れたさらにコンパクトなデザインのカメラを実現できます。このため、3 次元物体情報のメリットを、Ensenso ステレオビジョンモデルの最高レベルの精度はそれほど必要とされない、予算が厳しい量産型のプロジェクトでもついに利用できるようになりました。

ENSENSO 選択ツール

Ensenso カメラ選択ツールで、コンポーネントを簡単に選択できます。作業条件を入力すると、オンライン構成ツールから、用途に最適な Ensenso システムが提案されます。