画像分析による脊椎の診断

uEye 産業用カメラによる脊椎および姿勢の光学分析

ドイツでは、腰痛は病欠の主な理由になっています。運動不足や、作業時に体の片方だけに力をかけること、太りすぎなどが主な原因です。筋肉や靱帯の硬直も伴い、脊椎や椎間板の摩耗および断裂が生じることもあります。骨粗鬆症、慢性炎症、脊柱側湾症などの脊柱変形なども原因となります。画期的な静止身体 4D 測定システムを使用すると、正確な診断が可能になります。

DIERS International GmbH (ドイツ) の DIERS formetric 4D は、放射線を使わずに、人体の腰、脊椎、骨盤の非接触の高解像度測定を高速に実行できます。移動型バージョンと、頸椎の動きまたは歩行解析の判定、下肢軸測定のための追加モジュールを備え、コンパクトな移動式分析ラボとして利用できます。IDS Imaging Development Systems GmbH の uEye 産業用カメラを搭載した最大 5 台のカメラユニットが内蔵されます。

用途

DIERS formetric 製品ファミリーは、身体の静力学および姿勢の客観的および定量的分析に関する臨床上のさまざまな疑問に対処します。脊柱側湾症などの変形やあらゆる形態の脊椎奇形を視覚化し、多様な進行検査を実行できます。これにより、整形外科医などのユーザーは筋肉系の不均衡や既存の異常姿勢を検出できます。測定は静止状態で行われ、患者はシステムの前面に直立します。

DIERS formetric 4D による背中側のスキャン
DIERS formetric 4D による背中側のスキャン

DIERS formetric の測量技術は、物理的には三角測量の原理に基づいています。光プロジェクターが光線のグリッドを患者の背中に照射し、これをカメラユニットで記録します。コンピューターソフトウェアが光線の曲率を解析し、写真測量法 (画像測定) の手法を使用して、表面の 3 次元画像を生成します。この手法は仮想的な石膏型取りに似ています。検査は迅速で、放射線は使用せず、患者に接触することなく実行されます。本体と動作に必要な空間はわずか 1.5 x 3 m で、経済性は高いものです。

脊椎の表面、高さマップ、脊椎の曲がり、ストリップ投影 (f.l.t.r.)
脊椎の表面、高さマップ、脊椎の曲がり、ストリップ投影 (f.l.t.r.)

他のシステムと比較して、DIERS formetric は背中の表面モデルを提供するほか、反射マーカー不要で脊椎の 3D モデルを提供します。脊椎の方向と骨盤の位置を再現します。4D テクノロジー (3D + 時間成分) により、精度が極めて高くなり、3D 手法よりも臨床上の情報価値が大幅に向上します。一連の測定の平均値を取ることで、検査中のわずかな身体の動きが結果に及ぼす影響を最小化できます。さらに、連続した測定により、姿勢分析と機能調査を実行できます。

脊椎の動的測定

追加モジュールにより、コンパクトな動作分析ラボにまで用途を広げられます。ビデオベースの下肢軸ジオメトリを解析するオプションのカメラモジュール DIERS leg axis posterior および lateral なら、姿勢や動作シーケンスでの非対称を判定し、記録できます。システムソフトウェアが患者に貼付された反射マーカーを検出し、移動パターン (動的) と角度 (静的および動的) を計算します。下肢および姿勢の矯正の場合、下肢軸への影響が直接表示され、確認できます。

ビデオによる歩行解析と下肢軸測定
最高 30 km/h までのランニング速度の全体的な動作分析

追加モジュール「Cervical Spine」により、頸椎の動きを 3 次元で記録することもできます。測定データと不均衡がグラフィカルに表示され、分析に使用できます。測定プロセスは特殊なヘッドギアを使用して行われます。DIERS formetric 4D システムでは、Cervical Spine モジュールには追加のカメラシステムが必要です。

最高 30 km/h までのランニング速度の全体的な動作分析ができるハイエンドソリューションである DIERS 4D high performance Lab も、ユーザー向けに提供されます。ここでのコアテクノロジーも DIERS formetric 4D の腰部および脊椎測定デバイスで、全方向から下肢をビデオによって歩行解析を行う 4 台の高速で強力な IDS カメラと、内蔵足圧測定板を備えたトレッドミルが組み合わされています。すべてのデバイスは全身を同時測定できるように組み合わされます。

弊社のユニットでは UI-3040CP と UI-3240CP を使用します。両モデルが発揮する USB 3 インターフェースと速度には満足しています。

— DIERS International GmbH の業務執行取締役兼 CEO の Christian Diers —

ユニットごとに最大 5 台の uEye カメラを使用

uEye CP は「コンパクトパワー」を示しています。高レベルの機能と、包括的なピクセル前処理、わずか 29 x 29 x 29 mm. という小型サイズにより、あらゆる種類の産業用途に適しています。120 MB の内蔵画像メモリで画像シーケンスをバッファリングし、マルチカメラシステムにも対応できます。USB 3.0 カメラは 420 MByte/s の高速データレートで、CPU 負荷が低く、統合が容易です。Sony、CMOSIS、e2v、onsemi などのメーカーによる、さまざまな解像度の多数の先進的な CMOS センサーから選択できます。

カメラモジュール DIERS leg axis posterior high performance

モデル UI-3040CP-M-GL Rev. 2 により、暗い条件や高速で動く物体を撮影するときでも、卓越した画質を実現します。Sony Pregius シリーズの内蔵 IMX273 グローバルシャッター CMOS センサーは、画質、高感度、ワイドダイナミックレンジの面で特に優れています。3.45 µm ピクセルでの解像度は 1.57 MPixel (1448 x 1086 px) で、243 fps という圧倒的な性能を発揮します。表面検査などの従来の産業用途や、医療技術での画像の詳細評価にも最適なカメラです。

UI-3240CP-M-GL Rev.2 は e2v 1.3 メガピクセル CMOS センサーを搭載した、強力な産業用カメラです。これは、IDS ポートフォリオの中でも感度の最も高いセンサーです。卓越した光感度に加えて、多数の追加機能も秀逸です。例を挙げると、センサーにはグローバルシャッターとローリングシャッターの 2 つのモデルがあり、操作中に切り替えられるので、要件や環境条件の変化に柔軟に対処できます。

USB 3 uEye CP – 驚くほど高速、これまでにない高信頼性、卓越したセンサー