製品活用例

並べ替え:
業界: カメラファミリー:

ロボット工学 - uEye LE

Inspection robots – with USB uEye LE

安全の確保

風雨にさらされる過酷な環境、極端な暑さや寒さ、火災や爆発の危険。人間が入りたがらない環境での定期的または臨時の安全性チェックには、無人システムのロボットが使用されます。ハルステレン (オランダ) を拠点とする ExRobotics B.V. は、この分野でトップクラスのエキスパートです。同社の製品は、人間の視覚、聴覚、嗅覚、触覚、そして手指の代わりになります。同社では IDS Imaging Development Systems GmbH の産業用カメラで画像処理を行っています。

ドキュメンタリー - USB 3 uEye CP

Research on wave dynamics  – with USB3 uEye CP

新たな波を起こすアプリケーション

波は、海岸形成において中心的な役割を果たします。海岸の地形の構成には、波の生成と移動が中心的な要因になります。LEGI (Laboratoire des Ecoulements Géophysiques et Industriels à Grenoble) はこのテーマを専門としています。同機関の研究者は、波同士のエネルギー交換について詳しい知識を取得するため、特に干潟における波動力学を研究しています。目的は波浪気象学の発展です。この学問は海運業にとって直接的な重要性がありますが、長期的には、気候変動の影響のシミュレーションにも役立ちます。

ロボット工学 - Ensenso N

Furniture assembly with Ensenso N35

準備万端

皆さんも、きっと経験したことがあるでしょう。新しい家具を組み立てようと、部品を揃えて、組み立て説明書を見ながら作業したら、思ったよりも長い時間がかかってしまったことが。シンガポールの南洋理工大学 (NTU Singapore) の科学者達は、人間の手を借りずに、椅子の個々の部品を自律的に組み立てられるロボットを開発しました。ロボットは、Ensenso N35 3D カメラと.

ドキュメンタリー - USB 3 uEye CP

気象調査を支援する USB 3 uEye CP カメラ

海底を調査

海は、地球上のグローバルな気候変動に対して中心的な影響力を持っています。海洋生物やそのコミュニティの構造を水中および海底で調べることで、将来の気候の動向について重要な情報を得られます。これは自然現象による変動のみならず、人為的に生じる変動についてもあてはまります。

GEOMAR Helmholtz Centre for Ocean Research Kiel (ドイツ) は、ヨーロッパにおける海洋調査の第一線にある機関です。同機関では、海中での化学的、物理的、生物学的、地質学的なプロセス、および海底および大気との相互作用を調査しています。

ラボオートメーション - USB 2 uEye SE, GigE uEye SE

Laboratory automation solution with USB and GigE industrial cameras from IDS

スループットの向上

ラボには、科学的な結果をこれまでよりも速く、簡単に出すことが求められています。しかも、コストと人件費の削減も要求されています。自動化ソリューションのニーズは増大し、検体数が増加を続ける中でも、処理時間の短縮化が求められる状況で、ロボットベースの分析が生体分析テクノロジーにおいて注目を集めるようになっています。ハイスループットプロセスの自動化についても、この傾向にあります。これは、大量の検体が特定の基準について系統的に試験される、分析手法です。Karlsruhe Institute for Technology (KIT) は、単調な手作業を実行する、モジュール型ラボロボットシステムを開発しました。従来人間が行っていた検出と分析を、IDS の産業用カメラと LabView および最新式のマシンビジョンテクノロジーを組み合わせて実行します。