製品活用例

並べ替え:
業界: カメラファミリー:

自動車 - Ensenso N

自動車産業でのダイキャスト部品向け自動視覚検査システム

欠陥のない鋳造コンポーネント

自動車産業では、アルミとマグネシウムの合金でできたダイキャスト部品の使用が増えています。車両が格段に軽量化されるからです。欠陥ゼロの品質を最低限のコストで達成することが、鋳造コンポーネントに必須の要件です。生産および加工の現場では特に、オートメーションは魔法の言葉です。画像処理を内蔵した VisionTools Bildanalyse Systeme GmbH (ドイツ) のシステムは、Ensenso 3D カメラを使用してそれぞれの鋳造コンポーネントの形状を記録し、状態と完全性を検査します。

材料分析 - USB 3 uEye ML

リアルタイムの車体構造の自動品質管理

欠陥にフォーカス

自動車産業では、接着接合が他の接合技術を置き換える主な技術となっています。エンジンとボディ部品を接合するには、理由があります。接合した車両は一般に、溶接した車両よりもクラッシュテストで良い成績を残しています。しかしそれは、部品が高品質で接合領域が完璧な場合です。そこで先進的な接着システムが、自動車産業で安全性を達成する要素となりました。メーカーにとって、あらゆる種類の産業用部品の信頼性の高い品質管理は不可欠です。基準に不適合な欠陥部品があると、生産効率に多大な影響を及ぼすからです。たとえば、コストの情報、生産期間および納期の長期化、リスクの増加、画像への破損の危険性などです。人間の目は常に正確というわけではなく、欠陥や異常を見過ごしがちです。不具合の自動検出は、多くの面で大きな可能性を秘めています。

材料分析 - USB 3 uEye LE

複合材料検査用 USB 3.0 uEye LE カメラ搭載モバイルシステム

統合して品質を向上

2 つ以上の材料を組み合わせると、独特の特性が生まれることがよくあります。成分の特に有効な特性を強化して組み合わせることができます。このため、複合材料は産業界で好んで使用されています。ただし、材料の構造が不均質になることも考慮しなければなりません。たとえば機械加工中に、ボアや加工した端面でほつれや欠けが発生する可能性があります。IDS 製 USB 3.0 カメラを内蔵した Math & Tech Engineering GmbH のポータブル光学検査システムは、個々の加工ミスを自動的に検出して評価します。これによって測定結果の再現性が向上し、正確な文書を作成できます。

自動化 - Ensenso N

Exact trimming of foam parts with Ensenso 3D camera

最終仕上げ

自動車産業に携わる企業にとって、品質管理と工程管理は非常に重要です。高品質と継続的な改善、無駄の削減、ミスの最小化を実現するために、OEM およびサプライヤーに課せられる条件は途方もなく広範です。さらには、乗用車の内装にも厳しく注意を払う必要があります。ドライバーにとっての「快適な雰囲気」を生み出す大きな要素だからです。 車内を快適な空間にするため、発泡樹脂の加工にメーカーは相応の高い条件を要求します。すなわち、適応性があって柔軟で、長持ちする耐久性を備えながらも、心地よく見た目が良くなければならないのです。そのうえ、乗用車の内装の快適さについて全体的な印象を決定づける、大きな役割を持っています。しかし、高い品質基準には、経済的な効率性が常に伴います。

自動化 - Ensenso N35

Ensenso 3D カメラを使ったビンピッキングアプリケーションで生産性を向上

認識ピックアップ。包装。

短いサイクルタイム、スクラップ量の減少、在庫量の最小化。未来の工場はネットワーク化が進み、経済性が重視されます。ここで重要な役割を果たすのが、産業用画像処理です。ドイツを本拠地とする Pose Automation GmbH は、この分野での専門家です。このシステムインテグレーターは、マシンビジョンおよびロボット工学用のハイテクシステムを開発しています。その一例が獣医学向けのカテーテルを把持するビンピッキングアプリケーションで、IDS Imaging Development Systems GmbH の Ensenso 3D カメラを搭載しています。