製品活用例

並べ替え:
業界: カメラファミリー:

Furniture assembly / Robotic - Ensenso N

Furniture assembly with Ensenso N35

準備万端

皆さんも、きっと経験したことがあるでしょう。新しい家具を組み立てようと、部品を揃えて、組み立て説明書を見ながら作業したら、思ったよりも長い時間がかかってしまったことが。シンガポールの南洋理工大学 (NTU Singapore) の科学者達は、人間の手を借りずに、椅子の個々の部品を自律的に組み立てられるロボットを開発しました。ロボットは、Ensenso N35 3D カメラと.

海洋調査/ドキュメンテーション - USB 3 uEye CP

気象調査を支援する USB 3 uEye CP カメラ

海底を調査

海は、地球上のグローバルな気候変動に対して中心的な影響力を持っています。海洋生物やそのコミュニティの構造を水中および海底で調べることで、将来の気候の動向について重要な情報を得られます。これは自然現象による変動のみならず、人為的に生じる変動についてもあてはまります。

GEOMAR Helmholtz Centre for Ocean Research Kiel (ドイツ) は、ヨーロッパにおける海洋調査の第一線にある機関です。同機関では、海中での化学的、物理的、生物学的、地質学的なプロセス、および海底および大気との相互作用を調査しています。

ラボオートメーション - USB 2 uEye SE, GigE uEye SE

Laboratory automation solution with USB and GigE industrial cameras from IDS

スループットの向上

ラボには、科学的な結果をこれまでよりも速く、簡単に出すことが求められています。しかも、コストと人件費の削減も要求されています。自動化ソリューションのニーズは増大し、検体数が増加を続ける中でも、処理時間の短縮化が求められる状況で、ロボットベースの分析が生体分析テクノロジーにおいて注目を集めるようになっています。ハイスループットプロセスの自動化についても、この傾向にあります。これは、大量の検体が特定の基準について系統的に試験される、分析手法です。Karlsruhe Institute for Technology (KIT) は、単調な手作業を実行する、モジュール型ラボロボットシステムを開発しました。従来人間が行っていた検出と分析を、IDS の産業用カメラと LabView および最新式のマシンビジョンテクノロジーを組み合わせて実行します。

スポーツ - USB 3 uEye CP, USB 2 uEye LE

ゴルフのスイング解析 - uEye USB カメラでゴルフのハンディキャップを減らす

憧れのホールインワン

ゴルファーとして成功を収めるには、知識、洞察力、正確さを兼ね備える必要があります。高成績の達成は、主に正しいスイングを身に付けられるかどうかにかかっています。しかし、各種のアイアンやウッドでフルスイングしても、テクニックだけでは上達しません (もちろん、鋭い集中力も必要ですが)。パッテイング、チッピング、ピッチング、バンカーショットには、綿密に計算された正確な動作も必要です。つまり、テクニックを駆使したゴルフは、スポーツの中でも最も複雑といえるのです。それを裏付ける一例として、ゴルフスイングには、全身の 178 を超える筋肉が使われています。

ドキュメンタリー - USB 3 uEye LE

18 メガピクセルのカメラの顔認識技術で犯罪を阻止

事件を解決

英国を拠点とする企業 Acumé Forensic は、鑑識業務に定評があり、殺人や強盗から詐欺まで、さまざまな犯罪の解決に利用されています。こうした事案の解決には、加害者を高精度で特定することが不可欠です。従来の身元特定プロセスでは、拘留時の撮影画像 (上半身) や CCTV ビデオに頼っており、画質が低いためにあまり役に立たないことがよくあります。画像がぼやけていたり不鮮明だったりすると、警察でも容疑者の特定に手間取ってしまいます。また、画像が記録されていも、人物がカメラに顔を向けていることはまずないため、特定作業はさらに困難になります。Acumé Forensic のような鑑識専門家のチームにとって、画質の悪い素材では作業が思うようにはかどりません。そこでリードを本拠地とする同社は、ブラッドフォード大学と共同で、犯罪解決を最終的な目標として、間違いなく身元を特定する先進的な技術を開発しました。