スマートシティからスマート農業まで

カメラが形作る未来

装置、プラントおよび機械工学、医療技術、農業、物流など、画像処理ソリューションはさまざまな業界や場面で使用され、プロセスを高速化、制御、最適化しています。人工知能の登場により、用途の範囲はさらに広がりました。IDS のカメラが、移動手段およびスマートシティ、環境とスマート農業、産業およびオートメーションの分野で、新たな用途の基準を実現し、確立させている様子をご紹介します。

IDS NXT ocean などのシステムは、計算能力、人工知能が統合され、コンパクトでコスト効果の高い設計を特徴としており、従来の産業用途の枠を超える最も適格なソリューションとなりつつあります。このようなカメラを基盤とする用途の可能性は、ほぼ無限です。このテクノロジーを最大限に活用するために企業に必要となるのは、現時点での最新技術が持つ能力煮関する知識と、同様に柔軟で使いやすく強力なビジョンシステムです。以降のページで、どのような可能性があるかご確認ください。