IDS 製品活用例: 慎重な取り扱い

安全な核廃棄物処理のための Ensenso 3D カメラ搭載のロボット支援システム

核施設の廃炉は、事業者にとって大きな課題が伴います。廃炉にしろ安全な封じ込めにしろ、廃棄対象の核廃棄物の量は世界中で驚くべき速度で増加しています。核廃棄物処理におけるオートメーションの必要性は増しています。

安全性の理由から、核産業では、完全に自律したロボット制御手法ではなく、リモート制御された産業用ロボットが利用されています。しかし、この危険な環境での複雑な作業は、今のところ限られた範囲でのみ対応できていません。

英国バーミンガム大学の Extreme Robotics Lab が主導する National Centre for Nuclear Robotics では現在、核廃棄物の分類および分別向けの自動処理手法を研究しています。この研究で開発されたロボット支援システムは共有制御により、触覚フィードバックと Ensenso 3D カメラから提供される画像情報により、複雑な操作タスクを実行できます。オペレーターはロボットの自動操作の制御を常に維持して、システム障害が起きた場合は介入することができます。