The nxt big thing. 産業用カメラの概念を一新 - App your camera!

IDS NXT

産業用カメラの概念を一新

アプリのないスマートフォンを考えてみてください。電話をかけてメールを送るぐらいしか、使い道がありません。IDS NXT はアプリの原則を産業用画像処理に応用しています。これらの新しい産業用カメラの標準機能は、ビジョンアプリを使用して必要に応じて拡張できます。人工知能により、新たな用途が開拓されるチャンスが生まれます。IDS NXT ocean のエンドツーエンドの AI ソリューションの特長は、簡単に使い始められることです。自己開発の AI コアを含むカメラハードウェアから、ニューラルネットワークの作成するわかりやすいトレーニングソフトウェアやサポートまで、すべてを 1 つのサプライヤから提供します。ニューラルネットワークをインストールすると、IDS NXT モデルは強力な推論カメラになります。これにより、ルールベースの画像処理では太刀打ちできない、または非常に手間がかかる問題を、自動的に解決できるようになります。IDS NXT カメラは、標準 GigE カメラが提供できない付加価値を提供し、デジタル産業用カメラを新たな段階へと発展させます。

オールインワンの推論カメラソリューション

産業用カメラ向け人工知能

We make the inference easy - オールインワンの推論カメラソリューション IDS NXT ocean の動作

人工知能 (AI) によって、カメラ技術および画像処理の新たな適用分野が拓けました。IDS NXT ocean は、産業用の使いやすいソリューションとはどのようなものかを示します。IDS NXT ocean デザインインキットによって顧客は完全なソリューションを利用でき、必要なハードウェアコンポーネント以外にも、独自の AI アプリケーション向けのニューラルネットワークのわかりやすいトレーニングをオンラインでアクセスできます。クラウドソフトウエア IDS NXT lighthouse があれば、人工知能の事前知識がないような専門家以外の人でも、自分の画像データで分類器をトレーニングさせて、IDS NXT カメラで即座に実行できます。このため、特にディープラーニングベースの画像処理を簡単に始められるようになります。

ハードウェア、ソフトウェア、インフラストラクチャ、知識、サポートのすべてを IDS が提供します。ニューラルネットワーク用トレーニングソフトウェアと、強力な AI コア (「deep ocean core」、ハードウェアアクセラレーションで人工ニューラルネットワークを実行する FPGA テクノロジー) を搭載した IDS NXT 産業用カメラは、両方とも社内で開発されました。ニューラルネットワークを作成するためにユーザーに必要な知識は、画像と評価に関するものだけです。そこで、さまざまな種類の果物の分類や欠陥がある部分の識別 (キズや色づきの悪いリンゴなど) など、ばらつきの幅が大きい物体の画像処理タスクを解決することが可能になります。発生するすべてのばらつきを従来の画像処理で記述するのは、非常に長い時間がかかり、コストも高くなります。人工知能なら、このような問題を瞬く間に解決できます。

 

カメラをアプリ化

IDS NXT プラットフォームによるビジョンアプリベースの画像処理

IDS NXT vision app-based cameras

バーコードリーダーなど、従来のビジョンセンサーの機能は、一般には厳密に定義されており、拡張することは困難です。IDS NXT は、別の手段があることを示します。自由にプログラミングできるプラットフォームはあらかじめ決められたタスクに限定されません。ユーザーはビジョンアプリを自分自身で開発してインストールでき、さまざまな画像処理タスクに変更して短時間でセットアップできます。「従来」の産業用カメラアプリケーションの開発とほとんど変わらないため、アプリ開発には専門的な知識は不要です。さまざまな種類のビジョンアプリをインストールできるので、多数の用途で使用できる可能性が広がります。たとえば、医療技術での分析機器、顔認識を使用する監視業務、車両および人数の計数などに活用できます。「OK」/「NOK」で判別する AI ベースの分類タスクなど、光学的品質保証の分野でも強みを発揮します。

アプリケーションの拡張

アプリケーションをホスト PC からカメラに移動

アプリケーションの拡張

すべての IDS NXT モデルでは画像処理を「エッジ」で実行できるので、前処理済みデータや最終的な結果を PC またはマシン制御装置に送信できます。必要なパフォーマンスに応じて、アプリケーションを従来のように PC ワークステーションで実行するか、IDS NXT カメラで独立して実行するか、両方のデバイスで連携させるか、ユーザーが決定できます。そのため、IDS NXT は画像処理を PC ではなく、画像ソースに近い場所に移動させて、産業用カメラの「エッジ」上で業界およびビジョン準拠した画像撮影と処理を実現できます。モデルはただ画像を提供するだけでなく、完全に独立して機能し、後続する処理を直接トリガーしたり、それぞれ前処理によって接続された PC をサポートしたりすることもできます。組み込みソリューションなので、ホスト PC の負荷、消費電力、システムコストを削減できます。

今後の予定:Smart GenICam

GenICam 準拠の自己プログラムしたカメラ機能を使用*

IDS NXT industrial cameras with Smart GenICam

ユーザーが自分で作成した機能をインテリジェントカメラで実行するには、2 つの問題を解決しなければなりません。多くの場合、固有のインターフェースしかないのでサードパーティアプリケーションでデータを処理するほうが困難で、GigE Vision のような高速データインターフェースを提供するモデルはほとんどありません。しかしながら、産業用途ではその両方をクリアすることがしばしば求められます。

その解決策が、Smart GenICam 搭載 IDS NXT 産業用カメラです。ユーザーは目的の新しいカメラ機能をビジョンアプリとして IDS NXT モデルにアップロードします。ファームウェアがアプリケーションコードをカメラの機能範囲に統合します。制御および関数パラメーター、自己プログラムしたアプリケーションの結果は、GenICam 準拠の各アプリケーションによるデバイス固有の XML 記述ファイルによって標準化された形式で提供されます。サードパーティアプリケーションが、産業用カメラの標準機能の一部である場合と同様に、これらの機能を使用します。

* 次の開発段階で提供