IDS 製品活用例: 未知の物体をピッキング

物流における堅牢で柔軟なロボットオートメーション

世界的なパンデミックはサプライチェーンおよび物流業界に大打撃を与え、一刻も早いロボットオートメーションの導入が必要とされるようになりました。物流倉庫での作業員の 70% 以上がピッキングとパッキングの専従となっているため、多数の企業が物流のオートメーションへの投資を徐々に進めています。しかし、ロボットが無 数の (未知の) SKU を処理するとなると、事態はどのようになるのでしょうか。このような企業には、多種多様な物体のピックアンドプレースを自動化する、高速で堅牢な、信頼性の高い手段が必要になります。

この課題にオランダの企業 Fizyr が取り組み、解決に成功しました。同社はデルフトに拠点を置くコンピュータービジョンの会社で、過酷な物流環境でも、未知の物体をロボットにピッキングさせることに集中して取り組んでいます。

その結果、ピッキング、小包搬送、デパレタイズ、トラックの荷下ろし、手荷物搬送など、さまざまな条件や用途において物流オートメーションを実現する、自動化されたビジョンソリューションが誕生しました。最適なハードウェアでシステムを補完するため、Fizyr はコンパクトで丈夫な Ensenso 3D カメラを、IDS の高性能 GigE uEye カメラと組み合わせて統合しました。