2023 会計年度:IDS の堅調な成長を予測

新しいハードウェアプラットフォームと使いやすさの重視で、高い受注量を実現

調達が厳しい状況において、2023 会計年度では、売上高の増加および成長率 15 % を予測しています。この理由の 1 つとして、自動化の普及の波がもたらす受注の好調が挙げられます。サプライチェーンのボトルネックについても、緩和を予測しています。「私たちの最大の利点とは、ほぼあらゆる業界に参画しており、非常に幅広く業務を手がけていることです」と IDS 業務執行取締役 Alexander Lewinsky は語ります。「弊社製品に対する需要は、特に医療技術セクターで増加しており、経済的な観点からも喜ばしいことです。世界中で健康促進に貢献する IDS カメラが増えていくからです。資源保全や環境保護に加えて、この領域も私たちにとって最も大切な応用分野です」

製品面では、3D セグメントでの引き続き堅調な増加がプラスの成長を支えています。私たちはこの分野が成長を促進する主な原動力となると見ており、これに従って本年度は、量産型の用途向けにコストを最適化した新しいシリーズでポートフォリオを拡充します。

次に 2D セグメントでは、新たに開発した USB3 テクノロジープラットフォーム搭載 uEye カメラを昨年発売したところ、期待を上回る価値を証明しました。これにより、サプライヤーからの独立性を高め、コンポーネントのボトルネックが緩和されることになりました。今後数か月のうちに、このハードウェアテクノロジーを搭載したモデルが続々と登場します。

2023年産業用カメラメーカー IDSの堅調な成長を予測

人工知能のテーマも積極的に推進しています。「IDS では、この重要なテクノロジーをユーザーが簡単に使えるようにして、喫緊に必要とされるオートメーションプロセスを使いやすいインテリジェントな画像処理コンポーネントで始められるよう支援したいと考えています」と IDS の創立者兼オーナー Jürgen Hartmann は強調します。