テクニカルティップス

並べ替え:
トピック:
これまで e2v センサー搭載カメラモデル専用だった特殊機能のシーケンサーモードが、IDS Software Suite 4.81 以降を搭載した USB 3 uEye CP Rev. 2 カメラの全ファミリーで利用できるようになりました。

リアルタイムでパラメーターを変更: シーケンサーモードを使う

露出時間や画像部分を変えながら画像シーケンスをキャプチャしたくても、撮影時にカメラ設定を手動でやり直すのは不便です。簡単にできる方法はないのでしょうか。それがあるのです。

 

これまで e2v センサー搭載カメラモデル専用だった特殊機能のシーケンサーモードが、IDS Software Suite 4.81 以降を搭載した USB 3 uEye CP Rev. 2 カメラの全ファミリーで利用できるようになりました。初めて使用するユーザー向けに、特別な「uEye シーケンサーモード」が用意されています。

カメラ設定を *.ini ファイルまたはカメラの不揮発性ユーザーメモリに保存できます。

プログラミングに代わるパラメーター化: すばやくカメラをセットアップする方法

各アプリケーションを効果的に実行するには、最適な設定が重要な要件です。こうした設定の実装に時間と労力をかけるのは、理にかなっています。しかし、アプリケーションごとに毎回この作業を繰り返すのでしょうか。それとも初期設定を切り分けて再利用することができるのでしょうか。

 

使用する可能性があるすべての設定は、すでに uEye Cockpit で実装済みです。選択して有効化し、調整、パラメーター化、保存するだけです。構成はほんの数クリックで完了します。ユーザー自身がカメラ構成をプログラミングするという面倒な作業は、不要になります。

サブサンプリング、ビニング、スケーラー - FOV(Field of view : 視野)を維持したままフレームレートを上げ

時には余計なものが無い方がいい – サブサンプリング、ビニング、スケーラー

FOV(Field of view : 視野)を維持したままフレームレートを上げたいと考えたことはありますか? 露光時間を短くしたいですか? 視野を維持したまま解像度を下げるのはいかがでしょうか。
 
同じ視野で画像の解像度を下げるにはセンサーモデルによっていくつか方法があります。サブサンプリング、ビニング、もしくはスケーラー。しかしこれらは何が違うのでしょう。

コントラストと細部をコントロール: ブラックレベルの調整

画像にホワイトがあるのに平面的に見える場合。カメラで暗さを最大に調整したのに、画像が暗くならない場合。画像が暗すぎて、細部が見えなくなった場合。

ゲイン、ガンマ、彩度に加えて、ブラックレベルも画像再現に重要です。ブラックレベルが低いと、ダイナミックレンジに影響し、ひいては画像の見栄えにも影響します。カメラがホワイトとブラックを再現できなければ、完全なダイナミックレンジは確保されません。

シーケンス AOI ーを使う - 同じシーンでも異なる仕上がり

カメラ モデル UI-124x/UI-324x/UI-524x、および e2v センサー搭載の UI-125x/UI-325x/UI-525x では、シーケンス AOIーという IDS の特別な機能が用意されています。
 
シーケンス AOIーを使用すると、異なるパラメータセット (露出、ゲインなど) を使用して同じシーンを撮影できます。照明や明るさの条件が不明な用途など、さまざまな用途に役立つ機能です。