技術記事

ローリングシャッターセンサー

画像センサーにはさまざまな特徴的な機能があります。CMOS センサーの登場以来、シャッターシステムはその中でも確実に知名度を高めてきました。シャッターシステムの利点と欠点を論じた記事は無数にあります。それでもこのトピックを取り上げる理由は何でしょうか。これまでのところ、以前よりも関連性が高まっているある側面については、ほとんど焦点があてられていませんでした。

適応型オートメーション

最近まで、ロボットは規定の固定経路に従う、「目の見えない」指示待ちの存在でした。3D データを使用することで、ロボットは特定の状況に柔軟に適応し、周囲の環境に反応できるようになりました。夢が現実になりつつあります。ロボットは自律的な従業員へと成長しているのです。

USB Power Delivery でカメラの周辺機器にも給電

USB Power Delivery 対応の USB 3.1 Gen 1 ボードレベルカメラなら、スペースとコストを節約でき、電源を気にせずに済みます。

USB 3.1 – 段階的な進歩

USB 3 uEye LE シリーズの新しい拡張ステージは、新しい USB Type-C コネクターを搭載した初の USB 3.1 Gen1 産業用カメラですが、転送速度はまだ 10 Gbps に届きません。この進歩は妥当でしょうか。

ラインスキャンカメラのコスト効果の高い代替品となるラインモード

ラインモードは、曲面分析やエンドレスウェブ検査など、産業用マシンビジョンの多くの用途になくてはならない存在です。被写体のサイズや形状によって 1 回の露光で全体を撮影できない場合、「スキャン」しなければなりません。カメラはラインごとに情報を取得して、遠近感の歪みや不均質な光源がない被写体の全体像をメモリ内に作り上げます。ラインモードを使用するときは動きが必要です。検査対象の物質がコンベアベルト上などで移動するか、カメラ自体が移動します。後者の場合はクロックが必要です。