技術記事

ビジョンアプリによる AI

近々発表されるビジョンアプリベースの産業用カメラシリーズ IDS NXT rio と rome は、すでに AI 対応です。IDS が開発した KI-Vision アプリによって、エネルギー効率に優れ、内蔵 KI アクセラレーターを備えた強力な推論カメラとなります。既存のニューラルネットワークによって、さまざまな AI ベースの画像処理タスクを短時間で実行できます。

柔軟性を最大化

多くの画像処理用途では、動作距離が変動します。生産ラインの収益を十分に上げるには、大量生産だけでなく少量生産を手掛ける必要が強まっています。このため、新製品に合わせて、動作距離の変化にすばやく容易に対応できることが求められています。液体レンズを搭載したカメラは、被写体との距離に数ミリ秒でフォーカスを合わせ、数百万サイクル使用しても摩耗せず、部品を動かす必要もありません。IDS のモジュール型「アクティブフォーカス」(AF) ボードレベルカメラと Edmund Optics (EO) 製の液体レンズがあれば、被写体との距離が変化するカメラアプリケーションの実装が、簡単になります。

フル活用する

ワイヤレス通信は、近頃では消費者向け製品で標準的になりましたが、産業用画像処理の分野では、まだ使用事例の少ないテクノロジーです。WLAN の一時的な動作と転送の安定性は、独自のある不便 な性質に関連しています。「ワイヤレスネットワーク」は産業用画像処理にはまったく適していないとい うことなのでしょうか?ビジョンアプリベースの IDS NXT デバイスに基づく概念調査により、IDS はワ イヤレス通信のメリットと、実践的な使用方法を実証しました。

(3D) カメラ技術で欠陥ゼロ生産?

ソフトウェア支援型カメラ画像評価は、生産プロセスでの欠陥および不揃いの早期検出を支援しま す。この早期欠陥検出は、品質保証に大きく貢献します。そのため、生産の欠陥をゼロに近づけよう と、最先端のカメラ技術を備える生産ラインが増加しています。

拡張された 3D ビジョン

3D カメラデータによる環境認識により、以前は人間でしかなしえなかった、多数の画期的な適用事例が実現しました。このため、ロボットは人間と同じような方法で物体を認識し、さまざまな状況に自律的に対応できるようになりました。寸法や作業場での位置に加えて、基準とする物体と比較した差異や欠陥について正確な判断を下すこともできます。

ローリングシャッターセンサー

画像センサーにはさまざまな特徴的な機能があります。CMOS センサーの登場以来、シャッターシステムはその中でも確実に知名度を高めてきました。シャッターシステムの利点と欠点を論じた記事は無数にあります。それでもこのトピックを取り上げる理由は何でしょうか。これまでのところ、以前よりも関連性が高まっているある側面については、ほとんど焦点があてられていませんでした。

適応型オートメーション

最近まで、ロボットは規定の固定経路に従う、「目の見えない」指示待ちの存在でした。3D データを使用することで、ロボットは特定の状況に柔軟に適応し、周囲の環境に反応できるようになりました。夢が現実になりつつあります。ロボットは自律的な従業員へと成長しているのです。

USB Power Delivery でカメラの周辺機器にも給電

USB Power Delivery 対応の USB 3.1 Gen 1 ボードレベルカメラなら、スペースとコストを節約でき、電源を気にせずに済みます。

USB 3.1 – 段階的な進歩

USB 3 uEye LE シリーズの新しい拡張ステージは、新しい USB Type-C コネクターを搭載した初の USB 3.1 Gen1 産業用カメラですが、転送速度はまだ 10 Gbps に届きません。この進歩は妥当でしょうか。

ラインスキャンカメラのコスト効果の高い代替品となるラインモード

ラインモードは、曲面分析やエンドレスウェブ検査など、産業用マシンビジョンの多くの用途になくてはならない存在です。被写体のサイズや形状によって 1 回の露光で全体を撮影できない場合、「スキャン」しなければなりません。カメラはラインごとに情報を取得して、遠近感の歪みや不均質な光源がない被写体の全体像をメモリ内に作り上げます。ラインモードを使用するときは動きが必要です。検査対象の物質がコンベアベルト上などで移動するか、カメラ自体が移動します。後者の場合はクロックが必要です。