Ensenso 3D カメラの用途分野

3D ビジョンによる自動化

ビンピッキング

  • コンパクトな Ensenso カメラは、ロボット用途に最適です
  • EnsensoSDK にはロボットのハンドアイ校正機能があります
  • CAD データを使用して物体の位置決めを最適化します
  • 物体および障害物の位置情報を利用して、完全な動作計画によって高いグリップ速度を得られます


用途:

  • 物流のオートメーション
  • パレタイズ (デパレタイズ)
  • コンベアベルト装着
  • ファクトリーオートメーション
  • 保管システム

3D 物体再構成

Determination of possible woodcutting

Ensenso カメラの木材測定により、木工業界での潜在的な廃棄物を大幅に削減できます。

  • 高精度のサイズ分類と木材品質の客観的な判定
  • 構造上の破損や木材腐朽など、物体の特性を早期検出
  • コストを最適化する可能な木材切断方法を決定


この屋外用途では、Ensenso カメラは自然光から生成される物体の自然なテクスチャ(木目)を使用します。 (パッシブステレオビジョン)

製品活用例のダウンロード:
欠陥検出

物体検出と分類

  • 形状認識による分類と計数
  • 追加のカラー情報を使用して物体の特定を強化
  • 検出されたサイズのばらつきによる不良部品の仕分け
  • 迅速な容積判定によるサイズ分割

 
用途:

  • 試運転
  • 品質保証

3D 測定

ポータブル 3D フットスキャナ
画像データの処理

次のような物体や形状の寸法のデジタル化に最適:

  • カスタムメードの靴のインソールまたは副木の製造
  • 整形外科用途または処置
 
製品活用例のダウンロード:

Ensenso カメラ選択ツール で、用途に適したモデルを選択できます。

Ensensoカメラ選択ツール